防水工事

防水工事は、ベランダや屋上など、住宅の中で雨水に晒される部分の防水処理を行い、住宅内の水の侵入を防ぐものです。
防水に使用する塗料やシートは経年劣化するため、定期的な工事が必要です。

防水工事

1:当社の防水工事の特徴

当社では、ウレタン防水・シート防水・FRP 防水の3 種類の防水処理を行っています。
防水工事を行う箇所の状態を確認し、お客様の要望も踏まえて適切な防水処理を選択します。
防水工事は、屋根・屋上・ベランダ・バルコニーなど様々な箇所に対応しています。
また、すべて自社職人による手作業で行い、隅や角の細かい部分までしっかり丁寧に防水処理をします。

2:どうして防水工事が必要なの?(塗り替え目安含む)

ベランダやバルコニーなど、雨風や紫外線に晒される部分は特に劣化がしやすく、防水の塗料やシートがひび割れたりボロボロになることで、雨水が住宅内部に侵入してきます。
雨水が住宅内部に侵入してくると、木造であれば木材の腐敗、鉄筋コンクリート造であればコンクリートの中性化による強度低下などを引き起こし、住宅の耐久性にも大きく影響してくるのです。
防水工事に使用する塗料やシートの耐用年数は、種類にもよりますが「約10 年」とされています。
そのため、新築・以前の防水工事から10 年を目安に防水工事を行う必要があります。定期的な防水工事は、雨水をしっかりとシャットダウンし、住宅の機能を保つことに繋がるとても大切な工事なのです。

3:ウレタン防水

ウレタン防水は、ウレタン塗膜防水材と呼ばれる液状のウレタン樹脂を塗布する防水処理です。
ゴムのような弾性があり伸びが大きく、角や隅などの細かい部分や複雑な形状の場所でも、つなぎ目なく綺麗に防水膜を作ることができるのが特徴です。
また、ウレタン+シートやウレタン+FRP などの複合工法をとることによって、より下地との接着を強固なものにし、ひび割れ防止に優れた効果を発揮します。
下地に含まれる空気や水分を外に逃がす性質が強いため、膨れのトラブルも少ないです。当社では、このウレタン防水を1 番多く施工しています。

4:シート防水

シート防水は昔からある防水処理で、当社では合成高分子系ルーフィングシートを使用しています。
施工方法としては、下地に直接貼り付ける、または等間隔に置いた円盤やディスク板に熱で接着させる工法などがあります。
合成高分子系ルーフィングシートの1 つである塩化ビニル樹脂系ルーフィングシートは、紫外線や熱に強く、ベランダやバルコニーなどの日差しが強い場所で も耐久性に優れています。均一な厚みで仕上げることができ、水の進入を防ぎます。しかし、シートを重ねる作業が難しく、接合部分の処理を誤る・雑に行うと防水効果が減少してしまう原因になるため、職人の技術がものを言う防水工事とも言えます。

5:FRP 防水

FRP 防水とは、ポリエステル樹脂とガラス繊維が組み合わさった「繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)」を使用する防水処理で、近年住宅の防水処理への採用数が増えています。
プラスチックなので重量が非常に軽いながらも強度にも優れており、重さによる住宅への負荷を減らしながら耐久性のアップも期待できます。
また、塗膜の硬化スピードも速く、何度も塗り重ねる工事であっても短期間で完了するメリットもあります。

保証について

外壁・屋根の塗り替え後に、万が一何か不具合が起きると心配ですよね。
当社では、各塗料のメーカー保証として、10年保証を行っています。
保証書も発行していますのでご安心ください。